2010年09月14日

入れ物は何が最適?

すごくよく聞かれる質問なのでちょっと書いておきます。
あ、海外旅行の場合ね。

ひとり旅の場合、荷物の入れ物は
スーツケース(キャリーケース)派とザック派に分かれるのですが、
長旅だとおおむねザックですよね。やっぱり、機動力が違う。
それに管理しやすいです。寝台列車で枕にしたり。

キャリーケースの利点は荷造りがしやすいこと、
そして転がして歩くので体が楽なこと。
おしゃれなホテルでも嫌がられない、っていうのもある。
ただし、汚い裏路地や、古い石畳なんかだと
あっと言う間にゴロ(タイヤ?)がやられます。
私は台湾でもロンドンでも泣く泣く買い直しました。

どっちもどっちだと思います。

ただし、どっちにしても必須だと思うのは、
「いざというとき、抱えて走って逃げられる大きさであること」。
ひとり旅の場合、けっこう困るのが、誰も荷物を見ててくれないこと。
お店でトイレに行くときやバス待ちのとき、
ずっと離れられないのは現場で初めて身にしみる困ったことです。
そんなとき、小さければ小さいほど動きやすいのは間違いないです。
乗り継ぎの都合でちょっとだけ降り立った町で、
ご飯を食べに行きたいときとかも、荷物が大きいと疲れるだけだし。
荷物預かり所も田舎だと早く閉まっちゃったり。

なので基準となるのは、万が一悪い奴に狙われたときに、
とっさに抱えて逃げられる大きさかどうか? ということ。
それくらいの大きさならば、トイレでもなんとかなるし
(たまに無理だったりもしますがね)
持って歩いてもさほど苦にならない。

欧米人バックパッカーを見ていると
1メートル以上の高さのあるザックをしょって歩いてますが、
あれはもう、日本人女子には基本的に無理です。
訓練された体育会系女子でもないかぎり。

というわけでスーツケースにせよザックにせよ、
ひとり旅の荷物を選ぶ際は、ちょっと抱えて大きさを実感してみてください。
「お土産が増えるから大きなスーツケースにしーようっと」
というのは、ツアーで行くとき、または滞在型の旅にだけにすべし。

posted by 山田静(ひとり旅活性化委員会) at 20:08| Comment(0) | 旅の持ちもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ひとり旅のメリットって?

なんでひとり旅に行かないといけないのか?
個人個人でいろんな理由はあると思うのですが、
ここではひとり旅のメリット・デメリットを挙げていきましょう。

【メリット】
・友達ができる。
→団体や二人旅行よりも、話しかけられる回数はぐっと増えます。
自分から話す回数も。

・日程の変更も自由自在。
→今日は寝てよう!あと1日ここにいよう!みたいな決断も勝手にできます。

・英語の力がいやでも身につく。
→無理矢理にでも話さないといけないので、会話力はすごく伸びます。

・小さい成功の積み重ね&達成感で、自信がつく。
→切符買ったりバスに乗ったり、自力でやってるうちに無敵な感じになってきます。


【デメリット】
・食事に困る。
・荷物の見張り番に困る。
・個室にすると、たいてい宿代が高くなる。
・感動を分かち合えない。
*よく言われる「寂しいのでは?」というのはあんまり心配いらないです。
旅の仲間ができると、むしろ人なつこい人が多いのでうざったいくらいです。
あと、旅先からブログやツイッターで日本と連絡をとりあえるので、
あんまり孤独になることはないです。
*「危ないのでは?」というのも、個人的な感覚からいうと、二人旅くらいの人たちのほうが見ていて危ないです。油断するからかな。

というわけで、ざっくりとしたお話でしたー。
posted by 山田静(ひとり旅活性化委員会) at 00:23| Comment(0) | 海外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リクエストお題「やっちゃいけないこと」

ツイッターでmiimo88さんからいただいたお題です。
いくつか挙げてみましょう。

■入っちゃいけないところに入らない。
女人禁制のところは、特に宗教を大事にする国では多いです。
チベットの仏画にかかっているカバーは女性が外しちゃいけないとか、
山の中腹まではいいけど、山頂の寺院には行っちゃいけないとか。
そこで「せっかく来たし」と粘っても数千年の歴史には勝てませんので、
素直にご遠慮を。
軍事施設などは男女共通でNGスポットが多いので、こちらもご注意。

■知らない人にはついていかない。
といっても、一人旅だとやたらと声がかかります。
全員遮断すると全く面白くありませんので、
「こちらから笑顔で話しかけて、いい笑顔が帰ってきた人」
が、ついっていってもよさそうな第一判断基準でしょうかね。
あとは会話してみて、目が血走ってるとか泳いでるとか論外。
服装で人を決めちゃいけませんけど、
それなりに清潔さを(おしゃれとか、金がかかっているとは別ね)保っている人も
わりと信用できます。
とりあえず、男性と二人きりになるのは極力避けるべし。

■現地の女性がやっていないことは、できるだけやらない。
場の空気を読む、ってことでしょうか。
中東でひとり酒とか、イスラム世界で膝上スカートとか。
たばこも同様です。
現地の人々を怖がらせちゃいけません。

■頑張りすぎない。
この宿無理、とか、この食事無理、とか思ったときは
素直にあきらめましょう。なぜか女性はこういうときに
ガッツを見せます。

ここで書ける範囲は、こんなところでしょうか?
ほかに思いついた方はコメント欄でぜひ☆
posted by 山田静(ひとり旅活性化委員会) at 00:15| Comment(0) | 危険な話(海外) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。